熱海温泉 湯宿一番地は2本の自家源泉と6つの温泉が楽しめる「湯の宿」です。

広々とした大浴場に趣の異なる露天風呂、質の良いお湯をプライベートに満喫できる 貸切露天風呂など熱海の温泉を心行くまでお楽しみいただけます。

徳川家康公は、1604年には7日間も、この熱海に逗留(今で言う湯治)したという記録や、28里(約112km)も離れた江戸城中まで湯を運ばせたり、 京都の吉川広家公のお見舞いに周防(今の山口県)まで届けさせるなど、いかに熱海温泉を愛していたのかうかがい知れます。


湯宿一番地の露天風呂は2つ。
熱海の街並みを見下ろす「芭蕉の湯 露天風呂」と風情ある「紅葉の湯 露天風呂」で湯浴みをお愉しみください。



露天風呂 芭蕉の湯は、海と街並みが見下ろせる露天風呂として人気が高いです。
日が暮れますと熱海の夜景も見え幻想的な雰囲気をお楽しみいただけます。


江戸城の石垣の材料として使われていたことで有名な 伊豆石をぜいたくに積み上げた、独特な肌触りで古くから人気がある露天風呂です。

リニューアルしてさらに快適になった大浴場。
常に浴槽に掛け流される生まれたての温泉とレトロな雰囲気のお風呂で古き良き湯の宿を満喫していただけます。

夜7時に男女入替をしておりますので、趣の異なる2種類お風呂を お楽しみくださいませ 。


「湯宿一番地」の貸切露天風呂はとても人気で、
有料にも関わらず毎日たくさんのご予約でいっぱいです。
リピーター様のアンケートでも人気ナンバーワンの施設でございます。
プライベートに温泉を満喫したいとお考えのお客様は 是非早目のご予約をお願いいたします。

湯宿一番地の貸切露天風呂が毎日ご予約でいっぱいになる理由とは・・ 。


温泉は「生き物」と言われているのをご存知でしょうか。

温泉は野菜や魚介類と同じように鮮度がとても大切で、 空気に触れる度に劣化が進み本来の効能が失われ てしまうのです。
この事は、近年女性に大人気の資格である「温泉ソムリエ」 教本の第1章に書かれており、 温泉本来の効能に期待する為には 温泉の鮮度が如何に重要かお分かり頂けると思います。

自家源泉を多く所有しているということは鮮度の良い温泉をたくさん使える証であり 源泉掛け流しは良質の温泉をお風呂に提供できる最良の方式です。

「熱海温泉 湯宿一番地」では2本の自家源泉から引いた温泉を 源泉掛け流しでご提供することで、 「お客様に新鮮で良質な本物の温泉をお楽しみ頂いております。」