熱海温泉の起源は、今からおよそ1250年前の天平宝字(755~765年)頃と伝えられております。
海中に湧く熱湯によって魚類が焼け死ぬのを見た箱根権現の万巻上人がに、漁民たちを 助けようと志し祈願によって泉脈を海中から山里へ移したことと伝承されています。

山東庵京山の書いた「熱海温泉由来」(1830年)にもこの事が書かれております。

かつては、阿多美と記していた地名も海から熱い湯が湧き出ていたことから熱海と記されるようになっと言われております。


歴史上でもっとも熱海の温泉を愛でたことで有名な人物は徳川家康公です。

慶長9(1604)年3月に、家康公は義直、頼宣の2人の子供を連れて7日間も熱海に逗留(今で言う当時のこと)し、 同年9月、京都で病気療養中の吉川広家の見舞いとして熱海のお湯を周防(現在の山口県)まで運ばせるほどでした。

全国レベルの名湯と知られていた、「有馬の湯」ではなくて遠くの「熱海の湯」を運ばせることが、いかに家康公が熱海温泉を気に入ったかがかわります。


温泉を運ぶことは御汲湯(おくみゆ)として歴代徳川将軍に継承され、 4代将軍家綱公の時に大湯の温泉を真新しい檜の湯樽に汲み、 江戸城まで運ばせるようになりました。

大湯の湯温は約90度と非常に高温で、江戸城に着く頃に湯樽の温泉はちょうどいい湯加減を保っていたそうです。

記録によると、昼夜兼行で15時間ほどで江戸城まで運ばれたと記されていて運び手の健脚ぶりは驚きです。

後に、湯樽は船で運ばれるようになり、8代将軍吉宗公の時が最も盛んで、享保11年から19年までには3640樽も運んだと伝えられています 。

家康公が熱海を幕府の直轄領としたことで土地の治安・風紀が守られ、 各地の大名、明治以降も時の要人、軍人、文化人などが頻繁に熱海に訪れ、 しばしば歴史的会談なども行われるようになりました。

その伝統は平成13年の日韓首脳会議開催などに受け継がれています。


熱海の発展は鉄道の開通によって著しく変わりました。

鉄道省熱海線(現在のJR東海道本線)開通が開通し、首都圏からの保養客が押し寄せ、熱海は一大保養地として人気になりました。

多くの観光客が訪れるようになって、市の中心地東海岸町などには大型ホテル・旅館が数多ひしめくように建てられたり、かつてから営業をしていた施設でも増築をしてより多くのお客様を受け入れられるようになり、一大観光地域と変貌をして行きました。

そして熱海は、新婚旅行や職場旅行の定番の行き先となり宿泊施設だけではなく、飲食店や観光施設なども増えてまいりました。

1990年代以降社員旅行の衰退と大型宿泊施設を敬遠するムードから転業も増えました。
一方で2000年代に入り、温泉を引いたリゾートマンションが増加したりしましたが、東京方面からの保養地・日帰り温泉地として相変わらずの賑わいを保っており、いわゆる奥座敷とされ多くあのお客様にお越しいただいております。